\\ 商品担当者も知らなかった //

雪見だいふく誕生に衝撃の真相が…

この夏、ロッテ本社で代々受け継がれるファイルを整理していた社員が、古ぼけた1冊のハンドブックを発見、いや、発掘した。

『雪見だいふく物語』と書かれた表紙。いつ、なんの目的で作られたのか、今となっては知る者はいない。

だが、それを読んだすべての社員が、愕然とした。衝撃の真相が語られていたからだ。

どうか画像を見ていただきたい。1冊しかないハンドブックの各ページを、そのままスキャンしたものだ

(事実です)。

雪見だいふく物語

LOTTE 雪見だいふく物語
月にすむウサギたちは、毎日もちばかりで苦しんでいました。
ある日とうとう、一匹のウサギが月から逃げ出して、地球へやってきました。
ウサギは、ある家族からアイスをごちそうになりました。初めて食べるアイスのおいしさにとてもおどろきました。
さらにウサギは、お弁当としてもってきていたもちで、アイスを包んでみました。「雪見だいふく」の誕生です。
その夜、みんなで「雪見だいふく」を食べました。月がとてもきれいでした。
LOTTE 雪見だいふく物語
・・・・

なんと…雪見だいふくは本来、月見だいふくだった!

雪ではなく、中秋の名月を楽しむためのアイスだった・・・商品のアイデンティティがぐらりと揺らぐ・・・

誰かが言った。

「だったら『月見だいふく』作っちゃえばいいんじゃないですか?」

いいんでしょうか?わからないが、作ってしまおう。

2018年9月、ロッテは急遽、期間限定で「月見だいふく」を販売します

(事実です)。

商品紹介

9月3日全国発売!

9月24日は中秋の名月

雪見だいふく(お月見ももちもち)

中秋の名月にあわせて満月のような雪見だいふくが登場!月を見ながら召し上がってほしい逸品です。

そして、この月見だいふく発売を記念し、「月見だいふくどこが変わった?クイズ選手権」を開催!まずは食べ、クイズに参加してください!